嶋津司法書士事務所

不動産登記、商業登記、相続、売買、贈与、木更津市の嶋津司法書士事務所

事務所案内

〒292-0067
千葉県木更津市中央1−6−13
TEL:0438-22-5523 
FAX:0438-22-5586

 

対応地域

木更津市を中心に対応

※上記以外の地域についてはお問い合わせ下さい。

 

HOME»  不動産登記・登記記録

不動産登記・登記記録

不動産登記とは

不動産登記は、わたしたちの大切な財産である土地や建物の所在・面積のほか、
所有者の住所・氏名などを公の帳簿(登記簿)に記載し、これを一般公開することにより、
権利関係などの状況が誰にでもわかるようにし、取引の安全と円滑をはかる役割をはたしています。

 

登記記録(登記簿)とは

1.登記所には、磁気ディスクをもって登記簿を調製し、コンピュータ・システムにより登記事務を行っている登記所(以下「コンピュータ庁」といいます。)と、土地・建物の登記用紙をつづって編成したバインダー式の登記簿を備え登記事務を行っている登記所(以下「ブック庁」といいます。)があります。

 

(1) コンピュータ庁

登記簿は磁気ディスクをもって調製されています。コンピュータ庁では、所定の請求書を提出すると、だれでも登記事項証明書(登記事項の全部又は一部を証明した書面)の交付を受けることができ、また、だれでも登記事項要約書(登記事項の概要を記載した書面)の交付を受けることができます。
なお、この登記事項証明書は、登記簿の謄本・抄本と同じ内容のものです。

 

(2) ブック庁

登記用紙をつづって編成されている登記簿には、土地登記簿と建物登記簿があります。
ブック庁では、所定の請求書を提出すると、だれでも登記簿の謄本・抄本の交付を受けることができ、
また、だれでも登記簿を閲覧することができます。

 

2.登記記録は、1筆(1区画)の土地又は1個の建物ごとに表題部と権利部に区分して作成されています。
さらに、権利部は甲区と乙区に区分され、甲区には所有権に関する登記の登記事項が、乙区には所有権以外の権利に関する登記の登記事項がそれぞれ記録されています。

 

(1) 表題部の記録事項

土地・・・所在、地番、地目(土地の現況)、地積(土地の面積)など
建物・・・所在、地番、家屋番号、種類、構造、床面積など
(表題部にする登記を「表示に関する登記」といいます。)
マンションなどの区分建物については、その建物の敷地に関する権利(敷地権)が記録される
場合があります。この敷地権についての権利関係は、区分建物の甲区、乙区の登記によって公示されます。

 

(2) 権利部(甲区)の記録事項 所有者に関する事項が記録されています。

その所有者は誰で、いつ、どんな原因(売買、相続など)で所有権を取得したかが分かります(所有権移転登記、所有権に関する仮登記、差押え、仮処分など)。

 

(3) 権利部(乙区)の記録事項

抵当権など所有権以外の権利に関する事項が記録されています
(抵当権設定、地上権設定、地役権設定など)。